【発音トレーナー養成講座】「大人の発音が上達しない理由とは?」

Pocket

皆さまこんにちは。
英語発音トレーナーの阿久澤淳子です。

9月末から発音トレーナー養成講座が始まりました。

発音矯正の指導法をゲットしたい方々を
ほんのりスパルタで特訓させていただいてます(^^)/

皆さん、ほんとに志が高い!
受講生の姿勢に学ぶことも多く嬉しいです。

その養成講座の宿題のひとつが、
講座中に得たことで、
発音矯正レッスンを実践し、報告すること」。

まだ講座の途中で、
しかも受講生は発音矯正をするのは、生まれて初めて!

なのですが、たくさんの気づきがあったようです。

発音矯正で、こどもは〇〇、大人は□□で、全然違う?

とても興味深かった実践報告が、

大人と子どもでは、
発音の身につけ方が全然違った

という事例でした。

一番の違いは、

正しい発音のお手本を示した時、

子ども(5歳)は目をしっかり開けてお手本を観察していた

大人は、目をつぶって、音を聞き取ろうとしていた

 

そして、体得にも差がありまし。

子どもはすぐに出来るようになった

●大人はこちらがお手本を示しても、
理論を説明しなければ、正しく再現出来なかった。

そう!

子どもは、
身体全体でキャッチして、
再現しようとするのです。

一方、大人は耳だけに頼って
再現しようとする。

実際、養成講座中の発音矯正実践ペアワーク
受講生同士「相手の発音を直して下さい」というワークでも、

ほぼ全員が耳をすますばかりで、
全然相手を見ていない、
ということが起こりました。

耳だけで、矯正出来るのは、
ベテラン中のベテランだけ。

見なきゃ、直せない!

そして、
発音のお手本は、聞くだけじゃダメ。
見なきゃ、上手くならない!」

正しい発音をしたかったら、
正しく発音している人の
顔を見なくては
出来るようになりません。
(ほんとは顔だけではなく、全身なんですけどね)

今日から発音上達のために変えられることは?

■例えばネイティブに習っていて、
なかなか発音が上手くならない方。

次のレッスンでは、
ネイティブの口元(そして顔全体も)を
じっくり観察して真似て下さい。

 

■例えば、生徒さんの
発音を直せないかなあと
思う英語の先生。

生徒さんの口もと(顔)をちゃんと見て、
正しいやり方を
教えてあげて下さい。

 

■自力で、発音を上達させたい、
と思ってらっしゃる方。

鏡で、自分の顔をチェックして下さい。
正しい人の発音とどこが違うのか?

違いがわかったら、自力で発音矯正できます!
トライしてみてくださいね。

 

 

阿久澤 淳子
英語の発音トレーナー。「何年も英語を勉強してきたのに英語が聞き取れない、通じない」と悩む人をサポートする「英語の発音スクール イングリッシュ・ジョイ」を主宰。 日本で唯一、一人一人に合わせた徹底的なカスタマイズドカリキュラムを提供し、開校わずか1年半で200人の留学、海外赴任、学会、プレゼン準備で駆け込む人の発音を激変させ、リスニング力を向上させてきた。 英語という手段を手に入れて世界に羽ばたく人を応援したいという思いで真摯に一人一人の生徒に向き合っている。鹿児島県出身。宮部みゆきと歌と海外ドラマが大好き。