英語が聞き取れないと思っていたが、実はそもそも発音されていなかった!?音の脱落って何?

Pocket

皆様、こんにちは!阿久澤淳子です。

海外赴任のため短期集中コースを受講された生徒さんからのご感想をHPに掲載しました。

「すべきことが明確になったので劇的に進歩したと感じています。」
http://english-joy.com/review4.html
現地でのご活躍を心からお祈りしています。

その中の一文
「聞き取れないと思っていた音が、実はそもそも発音されていないということに気づきました。」

そうなんです。

「英語はいつでも文字で書いてある通りに発音される」と
実は私も思っておりました。

そうではない、と知った時の驚き。

英語の文字と発音は必ずしも一致しない
なんて誰も教えてくれなかったよ~!

話すスピードが速い(彼らにとってはナチュラルスピード)場合は、
書いてあっても実際には発音されない(音が脱落する)傾向があります。

 

「スピードが速くて聞き取れない」と思っていた方には朗報です!

「聞き取れない」のではなく、
「そもそも発音されていない」場合があるのです。

発音されていないにもかかわらず、それを聴きとろうとすることが、
あなたのリスニングの混乱の原因になっているのかもしれません。

音の脱落

英語で音が脱落するのは次のようなケースです。
(ナチュラルスピードで発話された場合)

1. 同じ子音が続く場合は、2つ目だけ発音される。

2. 似た子音が続く場合は、2つ目だけ発音される。

3. 語尾の破裂音は発音されない場合がある。

4. あいまい母音は脱落する傾向がある。

5. 子音が連続する場合は、2つ目だけ発音される場合がある。

 

うわあ!手を抜きすぎじゃないですか!!

実は、他にも発音されない(脱落する)場合はあるのですが、
主なものを取り上げてみました。

音が消えたところには一瞬「間」が残ります。
(音を飲み込んだような間。声門閉鎖音)

これはですね、手を抜いているわけではなく、
ネイティヴスピーカーが楽になるように自然に話した結果
に過ぎないのです。

彼らは音が脱落している、とはほとんど意識すらしていません。

脱落以外の連結や弱化なども同じです。

彼らはこれをルールとして
いちいち考えて音を変化させているわけではなく、
気楽に自然に話しているだけなのです。

でも、ネイティヴはこんな風に変化させて発話しているんだ
ということがわかれば、

そしてそれを自分でも発音できるようになれば、
話すのも聞くのも自然に楽に出来るようになるのですね。

では、ここで問題です。
次の英文を自然なスピードで発話した場合、脱落する音(聞こえない)はどれでしょう?

Just because the director fired me, don’t be afraid of him.

■解答です。(青色が脱落する音です。)

Just because the director fired me, don’t be afraid of him.

皆さんの答えはいかがでしたか?

阿久澤 淳子
英語の発音トレーナー。「何年も英語を勉強してきたのに英語が聞き取れない、通じない」と悩む人をサポートする「英語の発音スクール イングリッシュ・ジョイ」を主宰。 日本で唯一、一人一人に合わせた徹底的なカスタマイズドカリキュラムを提供し、開校わずか1年半で200人の留学、海外赴任、学会、プレゼン準備で駆け込む人の発音を激変させ、リスニング力を向上させてきた。 英語という手段を手に入れて世界に羽ばたく人を応援したいという思いで真摯に一人一人の生徒に向き合っている。鹿児島県出身。宮部みゆきと歌と海外ドラマが大好き。