何年も勉強してきたのに、なぜ簡単な英語が聞き取れないの?

Pocket

英語が聞き取れない原因は?

いきなりですが、こんな経験はありませんか?

  • 英語の電話会議で、相手が何を言っているのか聴き取れず、冷や汗の連続
  • 簡単な英文なのに、外国人に話しかけると何度も聞き返される
  • 外国人に話しかけられると頭が真っ白になってしまう    
  • 自分の発音に自信がない、話すのがはずかしい

これはかつての私です。
そして、私のスクールの生徒さんの共通するお悩みでもありました。

そもそも、

なぜ、何年も何年も英語を勉強してきたのに、簡単な英語すら聞き取れない、ということが起こるのでしょうか?

その理由は、
日本語で使われる「音」と英語で使われる「音」が
あまりにもかけ離れているからなのです。

かけ離れているにも関わらず、私たちの多くは「英語の正しい音」を知りません。

「正しい音」を学ぶ機会がなかった、身につける方法を知らなかった、
だから「簡単な英語すら聴き取れない。」ということが起こるのです。

自分が発音できない音は、 基本的に聴き取ることは出来ない。

私たちの脳には知らない音を聞いた時に、

知っている音に無意識に置き換えてしまう性質があります。

つまり多くの日本人は、英語を聞いた時に、
知っている日本語の音(カタカナ)に置き換えて聞いているのです。

日本語の母音はたったの5つですが、英語は全部で20個も母音があります。
(学者により数は若干違います)

子音は全部で24個もあります。

でも正しい音を知らなければ、英語が聞こえてくると頭の中で
空耳アワー」が起こるのです。

つまり、

知識や文脈から類推して「こう言ったんだろう」という置き換え作業を猛スピードでしているというわけなのです。

これは複雑で集中力が要求されます。

だから「英語を聞いているとすぐ疲れる」のです。

そんなに長い時間は集中力は続かない!

(私がまさにそうでした。ちなみに「空耳アワー」は大好きです。
あんな風に聞こえますし。)

「英語を話せるようになりたい!聞き取れるようになりたい!」という人は、

今まできっと何度もテキストの音声教材で「聴く、話す」練習を始めたはずです。

その時、「空耳アワー」が頭の中で渦を巻いて、

あやふやなカタカナ発音で 口に出して練習していたらどうなるでしょう?

聴いた音と、口から出た音が違っていたら、頭は常に修正作業の連続。

疲れるはずです。

聴き取りたかったら、まず「正しい音(発音)を身につける」。結局これが近道です。

「発音」と言っても、LやRの区別をつける、という音素の問題だけではありません。
(もちろん音素は基本なんですけど)

では、一体何が?
続きはまた次回に。

メルマガに登録すれば、このような発音のコツが
丁寧に順番に届けられます。

 

阿久澤 淳子
英語の発音トレーナー。「何年も英語を勉強してきたのに英語が聞き取れない、通じない」と悩む人をサポートする「英語の発音スクール イングリッシュ・ジョイ」を主宰。 日本で唯一、一人一人に合わせた徹底的なカスタマイズドカリキュラムを提供し、開校わずか1年半で200人の留学、海外赴任、学会、プレゼン準備で駆け込む人の発音を激変させ、リスニング力を向上させてきた。 英語という手段を手に入れて世界に羽ばたく人を応援したいという思いで真摯に一人一人の生徒に向き合っている。鹿児島県出身。宮部みゆきと歌と海外ドラマが大好き。